PNFとは

ホーム / PNFとは

PNF(固有受容性神経筋促通手技)とは

PNFは1940年代にアメリカで医師と理学療法士によって開発された手技です。

Proprioceptive(固有受容器):自分自身の、という意味のラテン語が語源で、目で見なくても自分の身体の位置や動きが分かるというような感覚のことを指します。
この感覚が鋭いと素早く反応したり強い力が発揮できたりすることができて、鈍いと少しの段差でつまづいたり欲しい時に力が入らなかったりします。
Neuromuscular(神経ー筋):身体を動かすのは筋であり、それをコントロールするのは脳とそこからの神経です。
セラピストが手で触り、抵抗をかけて、ご自分で動いていただくことで神経の働きや筋の動きを良くしていきます。
Facilitation(促通):何かができるように変化することを意味します。既にできることもやりやすくなること、早くできるようになること、それらも全て促通と考えています。

人間の身体は複雑で、単に筋が多いだけでは不十分なことも多いです。筋は量よりも「いかに使うか」が重要で、適切なタイミングで収縮すれば筋力が変わらなくても痛みが軽減することもあります。
様々な動作から何が原因かを評価して根本解決を目指していく、そのためのツールとしてPNFという手技を用いていきます。